自己紹介
はじめまして、森田しょうと申します。


気が付いたら、みてみんでも古参になっておりました。
長らく放置したり、たまに出没したりしていましたが、少しずつみなさんと交流を深めていけられたらと思っています。

カッコいい男を描きたいのですが、自然と女の子ばかりになる。なぜか?
やはり女性の方が絵になるのか――と勝手に解釈しています。

基本的に夜型ですので、メッセージ等はその時間帯にどうぞ。



ほぼ自作小説のイラストばかり描いています。
停滞したり頑張って書いたりしている小説たち、よかったらお立ち寄りください(=゜ω゜)ノ

マイページ
http://mypage.syosetu.com/35146/

完結済ファンタジー
http://ncode.syosetu.com/n4255g/

恋愛?みたいなもの
http://ncode.syosetu.com/n0476i/

現在進行形のもの
http://ncode.syosetu.com/n2516i/


常時依頼は受け付けておりませんが、たまに依頼を募集したりします。

非常に遅いです。

遅いのです。

依頼者様にはご迷惑ばかりかけてしまっています。
ラフだけは早いのですが(;´・ω・)


こんな自分ですが、どうぞよろしくお願いします。

最近追加された画像一覧
英雄学園・夏祭りラフ
英雄学園・夏祭りラフ
挿絵・決戦
挿絵・決戦
挿絵・覚醒
挿絵・覚醒
英雄学園・ルルー、語る
英雄学園・ルルー、語る
英雄学園・ルルー、思考する
英雄学園・ルルー、思考する
英雄学園・ルルー、開発する
英雄学園・ルルー、開発する
英雄学園・ルルー ドレスアップ
英雄学園・ルルー ドレスアップ
英雄学園・ルルー、発見する
英雄学園・ルルー、発見する

最新の記事
【英雄学園】キャラその2+イベント関連

どうもこんばんは、森田しょうです。

今回はいつもお世話になっております、朝陽真夜様の診断結果を基にキャラを作りました。
それがこちら!
i183745

名前は、ソル=太陽  ウェスペル=夜  というわかりやすい名前になっています。
ちなみに、一人目のルルーは思い付きです←

【一人称/他】
 私/~さん
【性格】
 明るい。切れると静かに怒る。怒っても笑顔。 

 
【設定】

召喚学科教師の27歳。
基本は女性だが、ひと月に何度か男性に変異する。決まっているというより、気まぐれで変異する。
男性含め、女性も過去にもてあそんできたので、いろいろなところから恨まれているそうです。

召喚学科教師ということもあり、その召喚能力は魔力に比例して高い。
精霊などだけでなく、自分のイメージした「モノ」を召喚することができる。
「想像力は魔力の源泉」をモットーに、日々邪なことをMOUSOUしている。
そのためなのか、時折よだれを垂らしている姿を生徒及び教師に見られており、学園内では変人扱いされている。
ちなみに、彼女が性別を自由に変異できることを知っているのは、学園長のみ。

【性別が変異する理由】
生まれながらに、彼女は前世の記憶を有している。
性別が変異可能なのは、前世、或いはそれより以前の時の「呪い」によるもの。

「千年前の因縁ね♡」
などとにこやかに言っており、本人はその呪いを解くつもりは無いようだ。
とはいうものの、なんとなく学園内に因縁があるような気がするらしい。

 
                                                       



以上が簡単な彼女(?)の設定です。
ルルーは後日、きちんとした設定を付けようと思います(ごめんよ~)。


それと、イベント用のイラストを描いてみました!
参加したのは【たまごイベント】です。

※汀雲様「ティ・ウーニト」、一理様「チィリー・ワンズ」をお借りしました!

 

 i184027

ル「じゃーん! 作ったよ、たまごあたためマシン! 略して『たたた』!」
テ「すごくハイテンションね、ルルー」
チィ「……たたた?(秘孔でも突くのかしら……)」
テ「それ、バスタオルのせてるの?」
ル「如何にも!」
二人「……(苦笑)」
ル「ここ! ここにね! 魔力を充填するのよ!」
 マシンの下部にある、黒い球体を指して。
チィ「魔力、ですか? あ~、なるほど。魔力を充填して、たまごを温めるっていうことですかね」
ル「さっすがチィーちゃん、話が早いわ! 押してもダメなら、引いてみようっていう寸法よ!」
チィ「引いては……ないと思います(笑)」
テ「ところで、誰が温めるの? 私、属性氷よ」
ル「冷やしちゃダメだわよ。チィーちゃんは?」
チィ「私は無属性です」
ル「…………」
テ「ルルーは、たしか雷属性よね?」
ル「如何にも!!」 ずい
テ「か、顔が近い……。でも、これじゃあ温められないじゃない。どうするの?」
ル「う~~ん、そこまで頭回らなかったッス!」
 ティに向かって、敬礼のポーズ。
チィ(考えてなかったんだな)
ル「誰か、火属性が得意な人いないかな~」
チィ(この人、変なこと起こさなきゃいいけど……怖いなぁ)

                                                   
 

誰か魔力を充填してくれる方、いらっしゃらないでしょうか?
ルルーがそわそわして待っているかもしれません(笑)


ではでは、また次回!